ゆずぽん日和

sakuramoeg.exblog.jp

タグ:写真 ( 9 ) タグの人気記事

海にて

b0319310_00005623.jpg
仕事で海沿いの街を訪れた。

いささか緊張する仕事を無事に終えたという高揚感に浸りながら、
夕日が沈んでいくのをひとり眺めていた。
b0319310_00005589.jpg
オレンジからブルー、そして濃紺へと刻々と変化していく
空と海の見事なグラデーション。

昼と夜の間をゆらゆらと漂うような微妙な世界。
b0319310_00005524.jpg
b0319310_00005686.jpg
b0319310_00005576.jpg
私もこの海のようにゆらゆら漂っていたいな。。。
そんなことを考えた、初夏の夕暮れ。
b0319310_00005589.jpg
考えすぎて、動けなくなるのは、悪い癖。
思い切って、状況に委ねてしまうのも、時にはいいよね。
きっと。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-06-13 13:41 | ひとりごと | Comments(0)

自信を持つために

b0319310_23232322.jpg


「自信ができたらやる」ではなくて「やったら自信ができる」もの

この言葉は、最近よく読んでいるブログ「ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする」の中の一節。

ヒビノさんのブログは、毎回、心にずーんと響く内容だったり、ハッとさせられたり。
自分の生き方を考えるための大きなヒントを得ることができるお気に入りのブログだ。

というのも、完璧主義で、失敗することを必要以上に恐れる私は、「自信ができたらやる」、つまり「自信が持てるまではやらない」タイプ。

だから、せっかくチャンスが巡ってきても、まだ完璧じゃない、まだ100点じゃない、まだ自信が持てない。。。と言っては、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうことも多かった。

b0319310_23232489.jpg


だからといって、時間をかければ自信が持てるようになるのか?というと、残念なことにそうではなくて、いつまで経っても、まだこれが足りない、まだここが不十分、まだ。。まだ。。。の無限のループ。

結局いつになっても、自信がないという状態から抜け出せないのだ。

b0319310_23232405.jpg


でも、今、やっとわかった。

「自信ができたらやる」という都合のいい言い訳を繰り返し、行動することから逃げていれば、決して失敗することはないし、完璧でない自分を認めることからも逃げられる。

失敗したり、不完全な自分を認めたくないばかりに、なんだかんだ理由をつけて、行動することから逃げていただけなのだ。
不完全な自分を認めたくないから。

b0319310_23232412.jpg


大切なのは、まず今の自分の状態をきちんと知ること、認めること。

(過小評価するのではなく、過大評価するのでもなく、現状を冷静に判断する)


その上で「じゃあ、どうすればいいのか」ということをきちんと考えて、行動していけばいいのだと思う。


b0319310_23232497.jpg


ヒビノさんのブログにもこう書かれている。


自信」はひとつひとつの物事を、やったときに、できるもの。


それも、派手ではなく、小さな自信。

その小さな自信が積み重なって、自分なりの道を作ってくれる。


b0319310_23232413.jpg


結局、毎日の行動の中で、小さな達成感を味わい、そんな日々を積み重ねることでしか、自信は生まれないのだと思う。

継続することが大事だし、「継続は力なり」という言葉そのものなのだ。

b0319310_23232445.jpg

例えば、今の私の状態で言うと、仕事の内容を聞かれた時、なんとなく自信が持てなくて躊躇してしまうことが多く、
「文章を書いたり、取材をしたり、写真を撮ったり。。。いろいろやってます」といった感じで、言葉を濁していた。

裏を返せば、「どれもそこそこできるけど、プロではない。だからうまくできなくても仕方がない」という甘えの気持ちが見え隠れしていたのも事実。
失敗した時に「プロじゃないんだから仕方がないよね」という逃げ道と言い訳を常に準備していたようなもの。

b0319310_23232404.jpg

でも、今回、そんな自分のズルさと弱さを認めて、こうしてここにカミングアウトしたことで、なんだかとてもすっきりした(笑)

b0319310_23251971.jpg

とにかくこれからは、仕事を聞かれたらフ「フォトライター」ときちんと名乗ろうと思っている。
フォトライター=フォトグラファー+ライター。
こう名乗ることは、正直、まだ不安だし、怖い。
でも、行動しないことないは何も始まらないし、始めなければ自信もついてこない。

結局、地味なことを一つ一つやっていくことしかない。


「やってみたら、できた」を繰り返して、自分も自信も形成されてゆく。


写真を撮ること、文章を書くこと。

私にしかできない表現方法を見つけるために、毎日、続けていこう!


[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-28 00:49 | | Comments(0)

エアリーな花写真の撮り方③「仕上げ編」

エアリーな花写真の撮り方①「カメラ・レンズ編」
今回は最終回の仕上げ編です。
b0319310_12531423.jpg

以前は、jpgで撮って、Photoshopで仕上げることが多かったのですが、最近は、RAWで撮って、Lightroomで仕上げています。

どちらもAdobe社の画像編集ソフトですが、なぜ、PhotoshopからLightroomに変えたかのか?
Lightroomは写真加工に特化した編集ソフトなので、機能は限られますが、写真を整理したり、編集するにはとても便利だから!というのが第一の理由です。

では、どのように仕上げているかというと、まず撮ったままの写真はこちら。
b0319310_12364129.jpg
①花びらの白い部分が少し白とびしていたので、ハイライトを抑える。

②夕方の撮影だったので、黄色味が強くなっているので、色温度を下げて青みを強くする。
b0319310_12432495.jpg
③中心の花をより目立たせたかったので、背景をトリミングする。
b0319310_12452352.jpg
④さらにエアリー感を強めたかったので、色温度を下げ、露光量を調整。
b0319310_12063677.jpg
⑤完成!

とこんな感じで仕上げています。

それぞれの元写真にもよりますが、
*露光量を調整して明るくする
*色温度を調整し、好みのイメージにする
*余分な部分はトリミングして、中心になるものを目立たせる
の3つを行っています。

ということで、いろいろな種類の花が楽しめるこの季節は、撮影が本当に楽しい♡
近々、バラの写真を撮りに行ってこようと思っています!

それにしても写真は楽しい〜♡♡

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-26 12:58 | | Comments(0)

エアリーな花写真の撮り方②「撮影編」

前回の、エアリーな花写真の撮り方①「カメラ・レンズ編」に引き続き、今回は撮影編です。

【カメラの設定について】
・背景をふんわりぼかして撮影したいので、カメラの設定は「AVモード(絞り優先モード)」

ホワイトバランス(WB)は「オート」

・明るく撮りたいので、露出をプラス補正にしていることが多いです。
 *露出補正の詳しい説明はこちらのサイトをご覧ください! 露出補正とは?

・レンズはTAMRON SP90mm F2.8(マクロ)を使用で、しっかり背景をぼかしたいのでF値(絞り値)は解放(そのレンズの一番小さい数字)にしています。
 *F値の詳しい説明はこちらのサイトをご覧ください! F値とは?

最初の設定は、「AVモード」「WBオート」「プラス補正」「解放F値」にすることが多いです。
もちろん状況によっては設定を多少変更しますが。

【撮影について】
撮影は、薄曇りくらいの方がGOOD!
 光が強すぎる快晴だと、特に白っぽい花は白飛びしてしまうので、露出補正をマイナスにするなど調整をしています。

光の位置を意識する!
 写真は光で決まると言えるくらい、光の取り込み方で写真の印象は全く違ってしまいます。
 私は逆光で撮ることが多いです。
b0319310_12252218.jpg
 こちらのコスモスも逆光で撮影したもの。
 花びらが光を受けて透けて見え、花が輝いて見えています。

主役を意識する!
 たくさんの花の中で、どこを主役にするかを決めて、構図を考えます。
 今回は花の形がとても綺麗だった花を主役にするために、そこにピントを合わせました。
 さらに逆光で撮っているので、背景に玉ボケが出現し、柔らかな雰囲気になりました!
b0319310_12381906.jpg
b0319310_12381146.jpg
・構図を意識する!
 思い切って寄ってひとつの花を切り取ったり、引いて花畑全体を切り取ったり、上から、下から、横から、斜めから・・・と同じ花を様々な角度から撮影しています。
b0319310_12433387.jpg
b0319310_12431909.jpg
こんな感じで毎回撮影しています!
とにかく、設定を変えたり、構図を変えて撮っているので、撮影枚数は毎回200〜300枚程度になります。

やはり花撮影は大好きなので、気づけば夢中になってしまい、時間を忘れてしまいます(笑)
また、最近はラートルームを購入したので、RAW現像も勉強中です!

つづく。。。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-20 12:51 | | Comments(1)

エアリーな花写真の撮り方①「カメラ、レンズ編」

b0319310_16524889.jpg
最近、気に入っているのが空気感を感じるようなエアリーでハイキーな花写真の撮影。

嬉しいことに、「どうやって撮っているの?」「こんな風に撮ってみたい!」と聞かれることも増えてきたので、私なりの花写真の撮り方を何回かに分けてまとめてみようと思っています。
よかったら参考にしてくださいね!
b0319310_16524826.jpg
【カメラとレンズについて】

使用カメラは、CANON EOS 6D
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/6d/index.html

仕事上、フルサイズカメラが必要になり、様々な機種を比較し、半年以上悩みに悩んで、昨年の夏に思い切って購入!
フルサイズで最軽量、Wifi対応、そして一番の理由はやっぱり価格と評価でしょうか。
当然、CANONのフルサイズといえば5Dがありましたが、こちらは価格的にもとても手が届かず諦めました。。。

でも、やはり私には6Dが一番よかったようです。
なんといってもフルサイズにしては比較的軽くて使い易い!
(と言っても前機種のCANON EOS KissX3と比較すると大きくて重いので、持ち歩くのが大変なのですが。。。(笑))
でも、大きさや重さには、いつの間にか慣れるので、EOS KissXからのステップアップにはとてもいいと思いますよ。
女性には特にオススメです!
b0319310_16524913.jpg
使用レンズは、3本

①CANON EF24-70mm F4L IS USM(標準ズーム)

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/standard-zoom/ef24-70-f4l/index.html
とても軽量で、
マクロ撮影もできる使い勝手のいいレンズです!
風景から人物、マクロまで幅広く使える便利な1本。


②Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FX(広角ズーム)

http://www.tokina.co.jp/camera-lenses/wide-lenses/at-x-17-35-f4-pro-fx.html
主に、建築物、風景などに使っていますが、日常のスナップ撮影にも便利な1本です。
なんといっても、広角で撮ると写真のスケールがぐんと広がって、迫力ある写真が撮れるようになるので、オススメです!
もちろん、CANONの純正レンズも検討したのですが、やはり価格が折り合わず。。。
広角で評判のいいTokinaを購入しました!


③TAMRON SP90mm F2.8(マクロ)

http://www.tamron.co.jp/lineup/f004/index.html
花写真や猫写真はこのレンズで撮ることが多いです。
EOS KissX3の頃から使っている大好きなレンズ。
とにかくボケがとってもキレイ!

そしてF2.8はやっぱり明るい。
さらに、手持ち撮影がほとんどの私にとって、手ぶれ防止装置が付いているのも嬉しいポイント。
私の花写真には欠かせない大切なレンズです!


というわけで、私の写真はこのカメラとレンズの組み合わせで撮っています。
たぶん、レンズ3本ってかなり少ない方。。。

もちろん、欲しいレンズは山ほどあって、お金が許すならいくらでも欲しいけど、それは技術が伴ってからのお楽しみということで(笑)
とりあえず次に欲しいのは、望遠レンズかな。
個性的な写真が撮れるオールドレンズにも興味津々!!


ちなみに、レンズがどんどん欲しくなることを、レンズ沼にはまるっていうそう。
言いえて妙ですよね!
私もレンズ沼にはまりそう。。。

つづく


[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-19 09:56 | | Comments(0)

今日もひとりごと

b0319310_12063677.jpg
黙々と写真を撮っていると、かなり集中しているのになぜかリラックスしているなと感じることがある。

時間も忘れ、ひたすら目の前の被写体と向き合い、どうすれば自分の求める表現ができるのか?を追い求めて、ひたすらシャッターを切る。
b0319310_12063666.jpg
仕事で写真を撮る時のような、緊張した集中とは全く違う感覚。
b0319310_12063709.jpg
そもそも集中には「緊張した集中」「リラックスした集中」の2種類あって、それぞれの脳の状態も全く違うのだとか。
b0319310_12063750.jpg
「緊張した集中」の時、脳内には興奮している時に出る「β波」が出ていて、ストレスを感じる状態なんだそう。
それに対して「リラックスした集中」の時は、「α波」が出ていて、緊張感のないリラックスした状態。

さらに「緊張した集中」が長く続けるのが困難なのに対し、「リラックスした集中」は、長時間続けるのが可能。
つまり集中力を持続して、作業を続けるためには、リラックスした状態であることが必要不可欠ということ。
b0319310_12063785.jpg
では、仕事の場面で、リラックスした集中状態を作るにはどうしたらいいのだろう?
 
「失敗したらどうしよう」「うまくできなかったらどうしよう」。。。
自信のなさから生まれる、そんな不安や焦りから、リラックスどころか変に力が入り過ぎてしまい、さらに緊張するという悪循環をもたらしているのが原因だなのかもしれない。
 
もちろん、絶対的な自信を持って臨めればそれがベストだけれど、それには経験を十分に積むという時間も必要になってくる。
でも、そんなことを言っていたら、経験を積んで自信が持てるようになるまで何もできなくなってしまう。
 
だからまず、今、するべきことは、できる限りの準備を精一杯すること。
本を読んだり、写真展に出掛けたり、毎日撮影することだって大事な準備になるはずだ。
準備が万全なら、それだけで安心感に繋がるし、自信を持って仕事に臨むことができる。

そして、いざ、撮影本番になったら、とにかく目の前の被写体に集中して、撮影を楽しむ余裕を持つこと!
緊張で心臓がバクバクしながらも、ふっと集中のスイッチが入って、リラックスした集中状態になる時がきっとくるはず。

そんな小さな積み重ねがいつか大きな自信となって、どんな場面でも動揺しない揺るぎない自信につながるのかもしれない。

それには、やはりまず行動!
つい、頭でっかちになってしまって、いろいろ考えすぎてしまい動けなくなってしまう悪い癖のある私は、とにかく行動!とにかく撮る!撮ったら公表する!ということを目標に頑張ろう。

と、また今日も変なひとりごとになってしまった(笑)
でもこうして文章にすると頭の整理ができていいかも。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-18 16:50 | | Comments(0)

City's Pride〜すぐ旅にでたくなる『まち自慢』をシェア〜

最近、とっても素敵なサイトを見つけたので登録してみました!
 
City's Pride〜今すぐ旅にでたくなる『まち自慢』をシェア〜
【『まち自慢』で発信する日本の魅力】がコンセプトのこちらのサイト。
なんといっても投稿している人の写真が素敵で、サイトを見ているだけで、旅に出たくなってしまうのです。
 
それにしても、日本にはまだまだ知らない、素晴らしい場所があるんですね〜
今年は、私もいろんな場所に出かけてみたいと思っています。
 
皆さんもよかったら、ぜひ登録してみてくださいね♪
 
私が投稿した記事はこちら
 
b0319310_01573918.jpg
 
これからもどんどん投稿していく予定です。
ぜひご覧くださいませ(*^_^*)

[PR]
by sakuramoegi | 2016-03-07 02:10 | 写真 | Comments(0)

写真のススメ〜フォトセラピー〜

b0319310_13154859.jpg
写真を撮るのはなんでこんなに楽しいのだろう?
思う存分、写真を撮ってた後は、なんだかとっても癒されたような、心がすっきりした気持ちになるのです。
写真ってすごいな〜と思っていたある日、こんなブログに出会いました。

人生に必要なことはすべて写真で学んだ~フォトセラピーのすすめ
今を生きづらいと感じている人にぜひおすすめしたいのが写真を撮ること。
カメラを趣味にすれば、生きづらい人生から脱して、
楽しい人生に変わるきっかけを得られるかもしれない。
私は写真がきっかけで、ネガティブ思考から脱することができた。
「フォトセラピー」という言葉もあるほど、
写真撮影は心のバランスを回復するのにすごくいい“治療手段”だと思う。
b0319310_13154848.jpg
こちらの文章は、カメライターとして活躍中の「かさこ」さんの「ブロガーかさこの好きを仕事にするセルフブランディング術」からの引用。

写真を撮ることによって学べる、人生において大切なことが7つ書かれているのですが、ひとつひとつが「わかる!わかる!」「そう!そう!!!」と思わずうなってしまうような内容ばかり。
b0319310_13154826.jpg
確かに写真を撮るって常にポジティブ思考。

目の前の被写体をどんな風に撮れば魅力的?
この場所の素敵なところは?
この人の魅力って何?

そんな風に、常に良いとこ探しをする気持ちで毎日を過ごせるようになるのです。
b0319310_13154802.jpg
こちらの写真は、雨上がりに、道端にある雑草を写したもの。
今までだったら決して目を止めることもなく、ただの「雑草」としてしか見ていなかったはず。
でも、写真を撮るようになってからは、キラキラ輝く素敵なイルミネーションに見えてくるから不思議。

何気なく過ごしている日常の中にだって、こんなにも美しい世界が広がっていると気づけたのも、写真を撮るようになったからこそ。
ものの見方、意識の向け方で、世界はまるで違ってくるのです!
b0319310_13154815.jpg
かさこさんのブログには、さらにこんな記事もありました!

こちらも、まさに納得の内容。
ぜひ、たくさんの人に写真の素晴らしさを知って欲しいな〜と思いました!

私も、誰かに元気を与えたり、癒しになるような写真を撮ることを目標に、これからも撮り続けたいなと思っています。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-02-10 19:16 | 写真 | Comments(0)

私が写真を撮る理由

b0319310_12031035.jpg
偶然立ち寄った場所に、なぜか強く心惹かれてしまうことがある。
b0319310_12030987.jpg
仕事帰りにたまたま見つけた竹林。
目の前に広がる風景に、まるで不思議な場所に迷い込んでしまったかのような・・・そんな気持ちになった。
b0319310_12031007.jpg
こんな時ほど、カメラを持っていてよかった!と思うことはない。
自分がなぜこんなにもこの風景に惹かれるのか・・・?
理由がわからないままシャッターを切り続ける。

そのうちに答えが見つかるような気がしたから。
b0319310_12030891.jpg
どれくらい時間がたったのだろう?

通りかかった人からは、「なぜこんな竹林をあんなに熱心に撮っているのだろう?」そんな視線も感じながらも、シャッターを切るのをやめられなかった。

時折、まるで何かのスイッチが入ってしまったかのように、無心で写真を撮り続けてしまうことがある。
そんな被写体を見つけた瞬間に、胸が痛くなるような、あのドキドキする気持ちをなんと表現したらいいのだろう?
例えて言うなら、恋に落ちた瞬間(笑)

そんな瞬間を味わいたくて、私はこれからも写真を撮り続けるのかもしれない。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-02-07 12:24 | 写真 | Comments(0)