ゆずぽん日和

sakuramoeg.exblog.jp

タグ:ひとりごと ( 8 ) タグの人気記事

海にて

b0319310_00005623.jpg
仕事で海沿いの街を訪れた。

いささか緊張する仕事を無事に終えたという高揚感に浸りながら、
夕日が沈んでいくのをひとり眺めていた。
b0319310_00005589.jpg
オレンジからブルー、そして濃紺へと刻々と変化していく
空と海の見事なグラデーション。

昼と夜の間をゆらゆらと漂うような微妙な世界。
b0319310_00005524.jpg
b0319310_00005686.jpg
b0319310_00005576.jpg
私もこの海のようにゆらゆら漂っていたいな。。。
そんなことを考えた、初夏の夕暮れ。
b0319310_00005589.jpg
考えすぎて、動けなくなるのは、悪い癖。
思い切って、状況に委ねてしまうのも、時にはいいよね。
きっと。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-06-13 13:41 | ひとりごと | Comments(0)

居心地のいい場所

b0319310_11203568.jpg

自分にとって、居心地のいい環境を選ぼう。

人も場所も。

家の中で一番気持ちいい場所で眠る猫のように。


以前、キツイ環境で仕事をしていたことがあった。
その当時は、毎日、「辞めるべきか、このまま続けるべきか」考えて、悩んで、でも結論が出せなくて堂々巡りが続いていた。

その頃、常に自分に言い聞かせていたのは「逃げたら負け。負け癖がつく」という言葉。
もちろん、学びも大きく、この環境を乗り越えたら成長できると信じていたから、辛くても必死でとどまった。

しかし、結局、私も同僚も体調がおかしくなり、もう限界と思い始めた頃、会社が再出発をすることになり、そのタイミングで会社都合での退職となった。


あれから、まもなく8年位になるだろうか。
今思うのは、あの環境にしがみついていたのは、もしかするとただの執着だったのかもしれないなということ。

もちろん、大変な環境だけあって、学んだことも多く、かけがえのない経験として、今の自分の力になっていることも間違いない。

でも、環境を変えることは、決して逃げることでも、負けることでもなく、自分にとってよりよい環境にシフトするだけということなのだと思う。
辞めなかったことで学んだことが大きかったのと同じくらいに、辞めることで学べることも、大きかったはずだ。

一概にどちらがいいとは言えないけれども、必要以上に環境を変えることを躊躇する必要はない、と今は思う。

猫のように、どちらが自分にとって一番居心地がいいのか、心の声に従って行動すれば、きっとそれがベストの答え。



環境を変えるのは逃げることではなくて、ただ単に間違いを正すだけのこと。

無理してとどまり続けるのは、偉いのではなくただの執着。


そこに学びがあるのか?ただの執着なのか?

最後に決めるのは、自分の心の声。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-31 11:55 | 猫から学んだこと | Comments(2)

ひとりごと

もうすぐ5月も終わり。
間も無く梅雨入りするのか、今日も朝から雨の一日。
6月に誕生日を迎える私は、この時期になるといろいろな振り返りを行う。
この1年、どんな生き方をしてきたのか?ちゃんと前に進んでいるのか・・・?


その中にあったのが「与えられる側から、作る側へ」という言葉。
果たして今の私は、ただ単なる与えられる人なのか、自分の価値観を持って何かを表現する作る側の人なのか・・・

自信を持って「作る側」とは言えないけれど、「作る側でいたい」「作る側になりたい」という気持ちがあるのは確かだ。

では、作る側になるにはどうしたらいいのだろう?
同じ出来事を体験しても、与えられる人はただ受け身で受け取るだけであって、頭の中で完結して終わりなのではないかと思う。
それに対して、作る側の人は、自分なりの視点で物事を捉え、その良さや価値に気づき、自分なりの解釈を加えて、新しい何かを生み出す。

そんな意味を込めて、この1年を振り返ってみると、やはり「与えられる側」の割合が多かったかなと思う。
前回のブログにも書いたけれども「自信ができてからやる」という変な完璧主義に支配され、頭でっかちで行動が全然伴っていなかったことばかり。

例えば、写真だって、文章だって、どんどん発表し、表現していくことで、本当の意味での自分らしさがでてくるのだと思う。
そんな自分らしさがでてきて初めて「価値を見出される人」になるのだろう。

ヒビノケイコさんのような文章が書けるようになりたい!と頭でいくら考えていたって書けるようになるわけもなく、◯◯さんのような写真が撮れるようになりたいって考えているだけでは、当たり前だけど撮れるわけもない。

>作る側の人にとって、日常は視点を生む土壌。
>毎日・毎秒が、体感的なフィールド。
>頭だけの人と、生き方がともなった人の違いは、その裏に秘めた膨大な情報量の差。

とヒビノケイコさんも言うように、日常生活の中に表現の種は溢れている。
それに気づける自分でいたいし、「自分はどう思う?」「私ならどうする?」と言った問いかけをすることを心がけてみようと思う。
膨大な情報の中かから、自分の心に響くものを見逃さないためにも。

1年後、どんな自分になっているのか楽しみだ!
b0319310_14060492.jpg

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-30 14:52 | ひとりごと | Comments(0)

自信を持つために

b0319310_23232322.jpg


「自信ができたらやる」ではなくて「やったら自信ができる」もの

この言葉は、最近よく読んでいるブログ「ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする」の中の一節。

ヒビノさんのブログは、毎回、心にずーんと響く内容だったり、ハッとさせられたり。
自分の生き方を考えるための大きなヒントを得ることができるお気に入りのブログだ。

というのも、完璧主義で、失敗することを必要以上に恐れる私は、「自信ができたらやる」、つまり「自信が持てるまではやらない」タイプ。

だから、せっかくチャンスが巡ってきても、まだ完璧じゃない、まだ100点じゃない、まだ自信が持てない。。。と言っては、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうことも多かった。

b0319310_23232489.jpg


だからといって、時間をかければ自信が持てるようになるのか?というと、残念なことにそうではなくて、いつまで経っても、まだこれが足りない、まだここが不十分、まだ。。まだ。。。の無限のループ。

結局いつになっても、自信がないという状態から抜け出せないのだ。

b0319310_23232405.jpg


でも、今、やっとわかった。

「自信ができたらやる」という都合のいい言い訳を繰り返し、行動することから逃げていれば、決して失敗することはないし、完璧でない自分を認めることからも逃げられる。

失敗したり、不完全な自分を認めたくないばかりに、なんだかんだ理由をつけて、行動することから逃げていただけなのだ。
不完全な自分を認めたくないから。

b0319310_23232412.jpg


大切なのは、まず今の自分の状態をきちんと知ること、認めること。

(過小評価するのではなく、過大評価するのでもなく、現状を冷静に判断する)


その上で「じゃあ、どうすればいいのか」ということをきちんと考えて、行動していけばいいのだと思う。


b0319310_23232497.jpg


ヒビノさんのブログにもこう書かれている。


自信」はひとつひとつの物事を、やったときに、できるもの。


それも、派手ではなく、小さな自信。

その小さな自信が積み重なって、自分なりの道を作ってくれる。


b0319310_23232413.jpg


結局、毎日の行動の中で、小さな達成感を味わい、そんな日々を積み重ねることでしか、自信は生まれないのだと思う。

継続することが大事だし、「継続は力なり」という言葉そのものなのだ。

b0319310_23232445.jpg

例えば、今の私の状態で言うと、仕事の内容を聞かれた時、なんとなく自信が持てなくて躊躇してしまうことが多く、
「文章を書いたり、取材をしたり、写真を撮ったり。。。いろいろやってます」といった感じで、言葉を濁していた。

裏を返せば、「どれもそこそこできるけど、プロではない。だからうまくできなくても仕方がない」という甘えの気持ちが見え隠れしていたのも事実。
失敗した時に「プロじゃないんだから仕方がないよね」という逃げ道と言い訳を常に準備していたようなもの。

b0319310_23232404.jpg

でも、今回、そんな自分のズルさと弱さを認めて、こうしてここにカミングアウトしたことで、なんだかとてもすっきりした(笑)

b0319310_23251971.jpg

とにかくこれからは、仕事を聞かれたらフ「フォトライター」ときちんと名乗ろうと思っている。
フォトライター=フォトグラファー+ライター。
こう名乗ることは、正直、まだ不安だし、怖い。
でも、行動しないことないは何も始まらないし、始めなければ自信もついてこない。

結局、地味なことを一つ一つやっていくことしかない。


「やってみたら、できた」を繰り返して、自分も自信も形成されてゆく。


写真を撮ること、文章を書くこと。

私にしかできない表現方法を見つけるために、毎日、続けていこう!


[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-28 00:49 | | Comments(0)

今日もひとりごと

b0319310_12063677.jpg
黙々と写真を撮っていると、かなり集中しているのになぜかリラックスしているなと感じることがある。

時間も忘れ、ひたすら目の前の被写体と向き合い、どうすれば自分の求める表現ができるのか?を追い求めて、ひたすらシャッターを切る。
b0319310_12063666.jpg
仕事で写真を撮る時のような、緊張した集中とは全く違う感覚。
b0319310_12063709.jpg
そもそも集中には「緊張した集中」「リラックスした集中」の2種類あって、それぞれの脳の状態も全く違うのだとか。
b0319310_12063750.jpg
「緊張した集中」の時、脳内には興奮している時に出る「β波」が出ていて、ストレスを感じる状態なんだそう。
それに対して「リラックスした集中」の時は、「α波」が出ていて、緊張感のないリラックスした状態。

さらに「緊張した集中」が長く続けるのが困難なのに対し、「リラックスした集中」は、長時間続けるのが可能。
つまり集中力を持続して、作業を続けるためには、リラックスした状態であることが必要不可欠ということ。
b0319310_12063785.jpg
では、仕事の場面で、リラックスした集中状態を作るにはどうしたらいいのだろう?
 
「失敗したらどうしよう」「うまくできなかったらどうしよう」。。。
自信のなさから生まれる、そんな不安や焦りから、リラックスどころか変に力が入り過ぎてしまい、さらに緊張するという悪循環をもたらしているのが原因だなのかもしれない。
 
もちろん、絶対的な自信を持って臨めればそれがベストだけれど、それには経験を十分に積むという時間も必要になってくる。
でも、そんなことを言っていたら、経験を積んで自信が持てるようになるまで何もできなくなってしまう。
 
だからまず、今、するべきことは、できる限りの準備を精一杯すること。
本を読んだり、写真展に出掛けたり、毎日撮影することだって大事な準備になるはずだ。
準備が万全なら、それだけで安心感に繋がるし、自信を持って仕事に臨むことができる。

そして、いざ、撮影本番になったら、とにかく目の前の被写体に集中して、撮影を楽しむ余裕を持つこと!
緊張で心臓がバクバクしながらも、ふっと集中のスイッチが入って、リラックスした集中状態になる時がきっとくるはず。

そんな小さな積み重ねがいつか大きな自信となって、どんな場面でも動揺しない揺るぎない自信につながるのかもしれない。

それには、やはりまず行動!
つい、頭でっかちになってしまって、いろいろ考えすぎてしまい動けなくなってしまう悪い癖のある私は、とにかく行動!とにかく撮る!撮ったら公表する!ということを目標に頑張ろう。

と、また今日も変なひとりごとになってしまった(笑)
でもこうして文章にすると頭の整理ができていいかも。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-18 16:50 | | Comments(0)

ひとりごと

気づけばあっという間に5月!
こちらのブログも最後の更新から2ヶ月も過ぎていました・・・
b0319310_15475223.jpg
写真も毎日のように撮っているし、PCを使って仕事をしているから、更新しようと思えば毎日できるはずなのに、更新できないのは、やっぱり気持ちの余裕がなかったからなんだろうな・・・
FacebookにTwitter、tumblerのSNS関係、その上、仕事で更新しているHPにブログ、Facebook。。。と更新すべきものが多すぎて、なかなかこちらのブログまで手が回らなかった。
b0319310_15475221.jpg
その上、SNS関係もほとんど仕事絡みだったりするので、全くのプライベートは今ではこのブログのみ。
ひっそりと更新しているから、見ている人もそんなに多くないし、全く個人的なことを書いているので、やっぱりここが一番落ち着くな〜なんて思ったりして。
b0319310_15475259.jpg
このところ、仕事とプライベートの区別がうまくできなくて、本来なら休日のはずなのについ仕事をしてしまったりして、ちゃんと休んだ!って気が全然していない気がする。
フリーで仕事をしていると、仕事も休日もスケジュールは自分次第というメリットがある一方、どうしても仕事を詰め込んでしまって、(仕事を入れないとなんとなく不安だし)休みがとれなくなってしまうというデメリットもある。
b0319310_15475201.jpg
SNSとの付き合い方を含めて、いろんなことを見直さなければいけないな〜って思った、5月の昼下がり。
b0319310_15475244.jpg
それにしても何はともあれ、いろいろなジャンルのお仕事をいただき、仕事を通じて様々な経験ができることはとても幸せだし、期待に応えられるように頑張らないとね。

ってつぶやいていたら、なんだか気持ちがちょっと整理できてスッキリした!
やっぱりブログいいかも(笑)
これからは、ちゃんと更新しよう!

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-13 16:12 | | Comments(0)

写真のススメ〜フォトセラピー〜

b0319310_13154859.jpg
写真を撮るのはなんでこんなに楽しいのだろう?
思う存分、写真を撮ってた後は、なんだかとっても癒されたような、心がすっきりした気持ちになるのです。
写真ってすごいな〜と思っていたある日、こんなブログに出会いました。

人生に必要なことはすべて写真で学んだ~フォトセラピーのすすめ
今を生きづらいと感じている人にぜひおすすめしたいのが写真を撮ること。
カメラを趣味にすれば、生きづらい人生から脱して、
楽しい人生に変わるきっかけを得られるかもしれない。
私は写真がきっかけで、ネガティブ思考から脱することができた。
「フォトセラピー」という言葉もあるほど、
写真撮影は心のバランスを回復するのにすごくいい“治療手段”だと思う。
b0319310_13154848.jpg
こちらの文章は、カメライターとして活躍中の「かさこ」さんの「ブロガーかさこの好きを仕事にするセルフブランディング術」からの引用。

写真を撮ることによって学べる、人生において大切なことが7つ書かれているのですが、ひとつひとつが「わかる!わかる!」「そう!そう!!!」と思わずうなってしまうような内容ばかり。
b0319310_13154826.jpg
確かに写真を撮るって常にポジティブ思考。

目の前の被写体をどんな風に撮れば魅力的?
この場所の素敵なところは?
この人の魅力って何?

そんな風に、常に良いとこ探しをする気持ちで毎日を過ごせるようになるのです。
b0319310_13154802.jpg
こちらの写真は、雨上がりに、道端にある雑草を写したもの。
今までだったら決して目を止めることもなく、ただの「雑草」としてしか見ていなかったはず。
でも、写真を撮るようになってからは、キラキラ輝く素敵なイルミネーションに見えてくるから不思議。

何気なく過ごしている日常の中にだって、こんなにも美しい世界が広がっていると気づけたのも、写真を撮るようになったからこそ。
ものの見方、意識の向け方で、世界はまるで違ってくるのです!
b0319310_13154815.jpg
かさこさんのブログには、さらにこんな記事もありました!

こちらも、まさに納得の内容。
ぜひ、たくさんの人に写真の素晴らしさを知って欲しいな〜と思いました!

私も、誰かに元気を与えたり、癒しになるような写真を撮ることを目標に、これからも撮り続けたいなと思っています。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-02-10 19:16 | 写真 | Comments(0)

私が写真を撮る理由

b0319310_12031035.jpg
偶然立ち寄った場所に、なぜか強く心惹かれてしまうことがある。
b0319310_12030987.jpg
仕事帰りにたまたま見つけた竹林。
目の前に広がる風景に、まるで不思議な場所に迷い込んでしまったかのような・・・そんな気持ちになった。
b0319310_12031007.jpg
こんな時ほど、カメラを持っていてよかった!と思うことはない。
自分がなぜこんなにもこの風景に惹かれるのか・・・?
理由がわからないままシャッターを切り続ける。

そのうちに答えが見つかるような気がしたから。
b0319310_12030891.jpg
どれくらい時間がたったのだろう?

通りかかった人からは、「なぜこんな竹林をあんなに熱心に撮っているのだろう?」そんな視線も感じながらも、シャッターを切るのをやめられなかった。

時折、まるで何かのスイッチが入ってしまったかのように、無心で写真を撮り続けてしまうことがある。
そんな被写体を見つけた瞬間に、胸が痛くなるような、あのドキドキする気持ちをなんと表現したらいいのだろう?
例えて言うなら、恋に落ちた瞬間(笑)

そんな瞬間を味わいたくて、私はこれからも写真を撮り続けるのかもしれない。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-02-07 12:24 | 写真 | Comments(0)