ゆずぽん日和

sakuramoeg.exblog.jp

カテゴリ:筑波山麓の暮らし( 2 )

子猫のもみじちゃんとの出会いと別れ①

昨年の12月、我が家に突然子猫がやってきました!
もみじの木で遊ぶのが大好きだったので「もみじ」と名付けました。
そんなもみじちゃんとの出会い、暮らし、そして別れの物語。
少しずつ綴っていこうと思っています。

12月3日
数日前から、どこからともなく聞こえる子猫の鳴き声。。。
でも、どんなに探しても姿が見えない。。。
気のせいかも?そんなふうに思いながらも、声のする方にそーーっと近づいてみると、「いた!!!子猫だ!!!!!」
小さな子猫が薪だなの下に慌てて隠れるのを目撃したのです。

それが、もみじちゃんとの出会いでした。

それにしても、なぜ家の庭に子猫が???
親は?飼い主は?
迷い猫?もしかして捨て猫??

えーーーどうしたらいいの?

もしかして、他に家があってたまたま我が家に遊びに来ているだけかも?
それに親猫が迎えに来るかもしれないし、しばらく様子をみることにしました。

b0319310_18475037.jpg
とにかく驚かしてはいけないと思い、そっと家の中に入りました。
しばらくすると静かになったので、やっぱり親猫が迎えにきて家に帰ったのかも?
と思い窓の外を見ると、なんと軒下に置いておいた樽の上で日向ぼっこしているではないですか!!!
b0319310_18475042.jpg
そして、この時初めてもみじちゃんの顔をしっかり見ることができたのです。
なんて可愛い三毛ちゃん♡
b0319310_18475090.jpg
家の中からこっそり写真を撮りました。(窓越しのため、ちょっとボケ写真 笑)

つづく
[PR]
by sakuramoegi | 2016-03-13 18:55 | 筑波山麓の暮らし | Comments(0)

豊かな食生活

b0319310_00402386.jpg
筑波山麓で暮らすようになって、一番変わったのは何といっても食生活!
知り合いの農家さんの畑を借り、野菜作りも始めたので、無農薬の採りたて野菜が食べ放題。

といっても、野菜作りは簡単ではなくて、真夏の炎天下に汗だくになりながらの作業や真冬の北風が吹く中での凍えそうな作業・・・使い慣れない道具での畑仕事に四苦八苦(笑)

作業中はすぐ腰が痛くなるし、先の見えない地道な作業に何度もくじけそうになったけど、自分が育てた野菜を収穫する喜びは何事にも代え難く、驚くほどおいしい野菜が出来ると知ってからは、農作業を楽しめるようになったかな。
b0319310_00403392.jpg
加工食品もいろいろ作りました!
種から育て、脱穀、焙煎まで全て手作業で行った、「六条大麦の麦茶」
種から育てた白菜と大根、ネギで作った「キムチ」と「カクテキ」
種から育てた、煮物や切り干しに最適な「大蔵大根」

そして、今、挑戦しているのが、「玉味噌」
なんと食べられるのは、3年後!
これもビックリするほど美味しいらしいのです。

まずはその第一段階♪
大豆を煮たものをすりつぶし、団子状にしたものを乾燥させています!
それを、麹と醤油につけ込み、3年熟成。
完成が楽しみ〜!!

さらに、お米も農家さんに直接分けていただいているのですが、これがまた感動するくらい美味しいのです。

美味しいお米と野菜のおかげで、身も心も満たされる食生活を送ることが出来ています。

幸せ〜^_^

[PR]
by sakuramoegi | 2015-02-25 01:06 | 筑波山麓の暮らし | Comments(0)