ゆずぽん日和

sakuramoeg.exblog.jp

エアリーな花写真の撮り方②「撮影編」

前回の、エアリーな花写真の撮り方①「カメラ・レンズ編」に引き続き、今回は撮影編です。

【カメラの設定について】
・背景をふんわりぼかして撮影したいので、カメラの設定は「AVモード(絞り優先モード)」

ホワイトバランス(WB)は「オート」

・明るく撮りたいので、露出をプラス補正にしていることが多いです。
 *露出補正の詳しい説明はこちらのサイトをご覧ください! 露出補正とは?

・レンズはTAMRON SP90mm F2.8(マクロ)を使用で、しっかり背景をぼかしたいのでF値(絞り値)は解放(そのレンズの一番小さい数字)にしています。
 *F値の詳しい説明はこちらのサイトをご覧ください! F値とは?

最初の設定は、「AVモード」「WBオート」「プラス補正」「解放F値」にすることが多いです。
もちろん状況によっては設定を多少変更しますが。

【撮影について】
撮影は、薄曇りくらいの方がGOOD!
 光が強すぎる快晴だと、特に白っぽい花は白飛びしてしまうので、露出補正をマイナスにするなど調整をしています。

光の位置を意識する!
 写真は光で決まると言えるくらい、光の取り込み方で写真の印象は全く違ってしまいます。
 私は逆光で撮ることが多いです。
b0319310_12252218.jpg
 こちらのコスモスも逆光で撮影したもの。
 花びらが光を受けて透けて見え、花が輝いて見えています。

主役を意識する!
 たくさんの花の中で、どこを主役にするかを決めて、構図を考えます。
 今回は花の形がとても綺麗だった花を主役にするために、そこにピントを合わせました。
 さらに逆光で撮っているので、背景に玉ボケが出現し、柔らかな雰囲気になりました!
b0319310_12381906.jpg
b0319310_12381146.jpg
・構図を意識する!
 思い切って寄ってひとつの花を切り取ったり、引いて花畑全体を切り取ったり、上から、下から、横から、斜めから・・・と同じ花を様々な角度から撮影しています。
b0319310_12433387.jpg
b0319310_12431909.jpg
こんな感じで毎回撮影しています!
とにかく、設定を変えたり、構図を変えて撮っているので、撮影枚数は毎回200〜300枚程度になります。

やはり花撮影は大好きなので、気づけば夢中になってしまい、時間を忘れてしまいます(笑)
また、最近はラートルームを購入したので、RAW現像も勉強中です!

つづく。。。

[PR]
by sakuramoegi | 2016-05-20 12:51 | | Comments(0)