ゆずぽん日和

sakuramoeg.exblog.jp

子猫のもみじちゃんとの出会いと別れ①

昨年の12月、我が家に突然子猫がやってきました!
もみじの木で遊ぶのが大好きだったので「もみじ」と名付けました。
そんなもみじちゃんとの出会い、暮らし、そして別れの物語。
少しずつ綴っていこうと思っています。

12月3日
数日前から、どこからともなく聞こえる子猫の鳴き声。。。
でも、どんなに探しても姿が見えない。。。
気のせいかも?そんなふうに思いながらも、声のする方にそーーっと近づいてみると、「いた!!!子猫だ!!!!!」
小さな子猫が薪だなの下に慌てて隠れるのを目撃したのです。

それが、もみじちゃんとの出会いでした。

それにしても、なぜ家の庭に子猫が???
親は?飼い主は?
迷い猫?もしかして捨て猫??

えーーーどうしたらいいの?

もしかして、他に家があってたまたま我が家に遊びに来ているだけかも?
それに親猫が迎えに来るかもしれないし、しばらく様子をみることにしました。

b0319310_18475037.jpg
とにかく驚かしてはいけないと思い、そっと家の中に入りました。
しばらくすると静かになったので、やっぱり親猫が迎えにきて家に帰ったのかも?
と思い窓の外を見ると、なんと軒下に置いておいた樽の上で日向ぼっこしているではないですか!!!
b0319310_18475042.jpg
そして、この時初めてもみじちゃんの顔をしっかり見ることができたのです。
なんて可愛い三毛ちゃん♡
b0319310_18475090.jpg
家の中からこっそり写真を撮りました。(窓越しのため、ちょっとボケ写真 笑)

つづく
[PR]
by sakuramoegi | 2016-03-13 18:55 | 筑波山麓の暮らし | Comments(0)